株式会社十勝大福本舗

安全・安心への取り組みに関して

品質管理に関する基本理念

ここ近年の食品に関する安全・品質に関わる様々な問題の発生もあって、消費者の不安・不信感が高まり、食品の安全性に対する社会全体の関心が極めて高くなっています。このような食品を取り巻く環境下において、弊社では消費者の皆様から要望されるより高度な安全・品質水準を達成する事を目標としています。高度な安全・品質水準を達成するには、従来の設備に求められる要件のみでは不十分であり、それを運営する品質と衛生の管理体制、TQM(Total Quality Management:総合的品質管理)を適正に構築し、適宜更新していくことが必須になります。

品質管理の3原則

そのTQM(Total Quality Management:総合的品質管理)の中で、弊社では下記の内容を基本項目と考え、重点的に取り組んでおります

◇作る場所(製造環境、設備、機械など)

◇HACCPシステムに基づいた環境整備と管理
◇定期的に衛生チェックされた製造環境
◇最新設備・機器を導入した製造ライン
◇機械・設備メーカーによる定期的な保守点検
◇専門業者による昆虫・ネズミなど食品害虫・害獣の対策
◇工場内の温度管理チェック
◇製造ラインを監視するカメラを設置

◇作る人(作業者の衛生状態と健康面を管理する)

◇入室前の体温チェック
◇金属検出器によるチェック
◇3種類の検便検査の実施
 ・通常検便
 ・海外渡航者用検便
 ・ノロ検便
◇有傷者に専用マスクを着用し、識別管理
◇ノロウィルスにも効果の高いイソジンの手洗い洗浄
◇手洗い後の衛生状態を定期的にチェック
◇手洗い後、手袋を2枚着用

◇作るもの(使用する原材料含む)

◇使用する原材料の仕入先工場のチェック
◇産地や品種にこだわった原材料の定期的なチェック
◇新商品に対する科学的・合理的根拠を裏付けた消費期限の設定
◇製品の品質チェック(微生物検査・理化学検査・官能検査)
◇原材料や生産ラインからの抜き取りチェック
◇最新の法令情報の入手し、法令に基づいた適切な表示